マネックス証券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新規証券口座開設で最大71,000円相当プレゼント中】キャンペーン額業界No.1!!NISA対象商品をほぼ全て網羅、手数料も業界最安値レベル(100円(税抜)〜)、もちろん口座管理料・入出金手数料無料、ネットの画面も使いやすく特に初心者に人気のある大手証券会社です。

現在実施中のキャンペーン

 

新規口座開設キャンペーン(NISA口座開設でもれなく1,000円プレゼント!)(〜2016/9/29)

総合口座開設+各種お取引+NISA口座開設で、最大71,000円をプレゼント。

またNISA口座開設でもれなく1,000円プレゼント!

▶キャンペーン詳細はこちら(マネックス証券公式HP)

 

NISA/ジュニアNISA口座開設キャンペーン(~2016/9/30)

本キャンペーンにエントリーの上、NISA/ジュニアNISA口座をご開設いただいたお客様を対象に、毎月抽選で100名様に3,000円をプレゼントいたします。

※NISA口座の開設に必要な、住民票の取得を無料で代行いたします!(~2016/12/30)

▶キャンペーン詳細はこちら(マネックス証券公式HP)

 

 

お友達紹介プログラム

ご家族・お友達の紹介で、お二人それぞれに3,000円をプレゼント。

▶キャンペーン詳細はこちら(マネックス証券公式HP)

 

2016年5月10日以降の金利は、0.50~0.10%(年利換算)

お持ちの株式を貸出すと、マネックス証券からお客様に貸株金利をお支払いするサービス。2016年5月10日以降の金利は、0.50~0.10%(年利換算)です。貸出中いつでも売却できます。

▶キャンペーン詳細はこちら(マネックス証券公式HP)

 

米国株デビュー応援! 手数料キャッシュバック(随時)

外国株取引口座において、初回入金(円 → 米ドルへの為替振替取引)を行ったお客様に対し、初回入金(米ドルの買付)日から起算して、20日間(現地約定日ベース)の米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックいたします。

▶キャンペーン詳細はこちら(マネックス証券公式HP)

NISA(日本版ISA、少額投資非課税制度)対象商品をほぼ全て網羅

NISAで取扱い可能な商品は

・株式投資信託

・国内外上場株式

・国内外ETF

・国内外REIT

ですが、マネックス証券では海外REIT(不動産投資信託)以外は全て揃っています。

特に、NISAとの相性がよく初心者でも扱いがラクなETFが国内外とも揃っているのは嬉しいですね。

(NISAと各商品の相性について詳しくはこちら:NISA対象商品をマスター!まず抑えるべき5つのポイント

商品購入時の手数料が100円(税抜)〜と業界最安値レベル、口座管理料・入出金手数料が無料なのも、無駄な出費を防ぐことができてとても魅力的です(これらの出費部分がかなり抑えられるのはネット証券の大きな特徴でしょう)。

(2015年1月6日追記)

さらに、手数料優遇措置も発表されました。

NISA口座内でのお取引で、2015年内も引き続き

・公募株式投資信託の購入手数料無料

・米国ETF買付け時取引手数料無料

となります。

マネックス証券の特徴 -親会社が東証一部上場、グループ会社もグローバルに展開し、多様な銘柄が魅力

マネックス証券は、親会社のマネックスグループが東証一部上場、グループ会社に

・欧米拠点のTradeStation Group

・中国拠点のMonex International Limited(マネックスBOOM証券グループ)

等を持つグローバルな証券会社です。

その商品銘柄には有名企業も名を連ね、

Apple(アップル)

Amazon.com(アマゾン)

Google(グーグル)

Walt Desney(ウォルト・ディズニー)

Facebook(フェイスブック)

等、世界の著名企業に投資を行うことができます。

逆指値、W指値など多彩な注文機能 -NISA以外での投資にも使いやすい

マネックス証券では

逆指値(通常の指値とは逆に、指定した価格より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売る」ように予約注文を出しておくことをいう。ある株価水準まで上昇したときに買い注文を出すブレイク買いや、ある株価水準よりも下回ってしまったときにそれ以上損失を出さないように売り注文を出すストップロスオーダーなどに便利)

ツイン指値(逆指値付通常注文のマネックス証券での呼び方。利益確保のための指値注文とロスカットのための逆指値注文を同時に出すことができる)

等、予約注文を出しておくタイプの機能が充実しており、日中株価を見ることのできないサラリーマンやデイトレーダーの方などにおすすめです。その他にも

貸し株サービス(保有中の株式を証券会社に貸すことで、貸株金利が得られる仕組み。株式を貸している間でも売却はいつでもでき、貸すのを止めたり再開したりするのも自由。マネックス証券は貸し株サービスを行う数少ない4証券会社(SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券)の内の一社)

ワン株(単元未満株取引のマネックス証券での呼び方。1株単位で単元未満株を取引きでき、少額取引が可能)

夜間取引(取引時間外に、基本的に当日の終値で行うこと。マネックス証券の夜間取引はマネックス証券を使っている人同士のみでできる。取引時間は17時30分~23時59分までで、手数料は株数にかかわらず1約定につき500円。最大7%安く買えるチャンス銘柄を毎日発表している。)

等、きめ細かで多彩な注文機能があります。

高機能な無料トレーディングツールやスマホ向け無料アプリ

※画像はマネックス証券・マネックスツールガイドより引用

マネックス証券では各種のトレーディングツールがかなり作りこまれており、特に以下の3つがよくできています。

マネックストレーダー

情報のリアルタイム更新や複数銘柄の一覧性に富み、一覧画面からマウスをダブルクリックするだけで注文できる「ダブルクリック注文」や複数銘柄を一括注文できる「バスケット注文」などのスピーディな注文機能が充実しています。PCからスマホ、タブレット、携帯でも利用可能で、基本的に無料です。エクセルとの連動ができるプロ版は月額1,000円。

詳細や動画解説はマネックスツールガイドページからどうぞ

マネックス・マーケットステーション

国内株式と先物・オプション取引の板発注機能を搭載したリアルタイム・トレーディングツールです。こちらも情報のリアルタイム更新や一覧性、そして板をダブルクリックするだけの「スピード注文」が充実しています。スマホでも利用可能。こちらも無料です。

詳細や動画解説はマネックス・マーケットステーションページからどうぞ

信用取引 自動決済発注サービス「みまもるくん」

信用取引の建玉の損失の割合が、事前に設定された損切り決済率に達すると、自動で決済注文が発注されるサービスです。FXでは「自動ロスカット機能」が普及し、取引で発生した損失(ロス)が一定の水準に達した場合、自動的に建玉が決済され自己資金を超える損失が発生するリスクを避けられますが、信用取引においてはこのような機能がありませんでした。それを初めて導入したのがマネックス証券の「みまもるくん」です。

詳細はマネックス証券のホームページからどうぞ

フル板情報ツールの導入

個人投資家に通常配信される板情報は売り・買い注文合わせて8本までですが、有料ツールを用いることですべての板情報が確認できます。

マネックス証券では2010年1月4日からフル板情報ツールを月額315円(税込)で導入。ただし、最初の1ヶ月は無料で利用できます。

対象銘柄は東京証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所に上場している銘柄となります。

情報ツールの詳細はマネックス証券のフル板情報ツール解説ページからどうぞ

日経225先物取り引きに強い

日経225先物の取引手数料が一枚あたり346.5円(税込)と、大手ネット証券の中では比較的安いです。(日経225miniの取引手数料は一枚あたり52.5円)

日経225先物取引の手数料が安く、日経225先物がトレードできる「マネックス・マーケットステーション」の利用料が無料という点で、日経225先物取引に強いといえるでしょう。

まとめ

・親会社が東証一部上場の人気大手ネット証券

・NISA向けの商品は海外REIT以外全て網羅

・手数料100円(税抜)〜、口座関係も無料

・NISA以外、通常の投資でも機能充実

・トレーディングツール(ネットの画面)が使いやすく、しかも無料

・期間限定で、新規口座開設で最大71,000円プレゼント中

マネックス証券公式のNISA特設ページも、公式HP右上のリンクから見ることができるのでぜひチェックしてみてくださいね!

マネックス証券の基本情報

  • 株価ツール
  • チャートツール
  • 複数気配ツール
  • スクリーニング
  • ニュース
  • 決算情報
  • アナリストレポート
  • 単元未満株あり
  • 夜間取引OK
  • 日経225先物あり
  • 中国株(香港)あり
  • 米国株あり
  • FXあり
  • ETFあり
  • REITあり
  • IPOあり
  • 投資信託あり
  • 債券あり
  • 個人向け国債あり
  • 外貨建てMMFあり
  • 引け指値OK
  • 不出来引け成行OK
  • 逆指値OK
  • W指値OK
  • 反対売買OK
  • 口座入金手数料無料
  • 口座出金手数料無料
  • 無料セミナー
  • モバイル対応あり
取引手数料
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 100万円

¥0

¥0

¥0

¥0

¥0

¥0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る