決算シーズン到来!NISA投資家の押さえるべきポイント

2014/04/28

各社の決算発表が本格化し、連日、様々な企業の決算発表を耳にするようになりましたね!この時期は決算発表を受け、株価の乱高下しやすい時期でもあります。そんな時、NISA投資家が注意・注目すべきポイントは何でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決算発表とは?

決算発表とは、企業がある一定期間(三ヶ月間、一年間など)、どの程度儲けたかor儲けられなかったかをまとめて公表することを言います。

日本では3月期決算が最も多いため、今の時期に最も多くの決算発表が行なわれます。

3月末までの儲けをまとめて、約一ヶ月後のちょうど今、発表するわけです。

 

以下のリンクから、各社の決算発表の速報を見ることができます♪

株探ニュースの決算速報

なぜ決算発表後は株式市場が乱高下しやすいの?

決算発表は、企業がちゃんと儲けている=成長しているかどうかを判断する最も大きな判断材料のひとつです。

しかも、ただ儲けの額を計上するだけでなく、前年・前期に比べてどの程度儲けているか(成長が加速しているか減速しているか)、今後の見通しはどうか、なども見られます。

(企業はこれらの発表内容をまとめた「決算短信」を公表します。各社のHP(IR情報のページ等)で見られますよ☆)

 

決算内容が良ければその銘柄は多くの人に買われますし、逆に悪ければ手放す人が続出します。

しかも株価は一定ではなく、買う人が多ければ値段がつり上がり、その逆もしかりですから、買いたい人は「値段が上がらない内に」と詰めかけ、手放したい人は「これ以上値段が下がらない内に」とやはり売り急ぐ傾向があります。

その一方で、手放す人が多くて下がりすぎた銘柄を狙って買う人もいます。

 

こんな風にさまざまな思惑で株が売り買いされるため、決算発表直後は株価が乱高下しやすいのです。

中長期のNISA投資家が押さえておくべきポイント

そんな中、NISA投資家が押さえるべきポイントはずばり「振り回されない」ことです!

 

NISAでは数年単位の中長期投資が基本になります。

(なぜNISAで中長期投資が向いているかはこちらの記事を♪)

中長期投資では投資した銘柄を数年かけて、じっくり成長を待ち、機が熟したら売却します。

その間、一時的に値が下がることは折り込み済みで、回復しそうだったらそれを待つわけです。

 

もちろん、回復不能に感じたり、会社の体質にギモンを感じたら早めに売却を検討すべきです。

でも、今期の売上が悪くてもそれは一時的なものかもしれません。

なぜ売上が落ちているのか、原因を自分なりに探ってみると納得感も全然ちがいます。

その上で、この先も保有し続けるかどうか検討すればよいわけです。

闇雲に値段だけを見た株の売買だけは、特にNISAでは要注意です。

(値が下がった場合は一部売却で様子を見てみたり、これ以上下がったら売る!など自分ルールを設定してもいいかもです☆)

 

決算発表は、自分の投資先を定期チェックするための、良いアラート機能と考えられるかもしれません♪

はじめての口座開設なら、初心者にやさしい話題のマネックス証券がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のネット証券NISA対応早見表

会社名 取扱商品 特徴
株式投資信託 国内株 外国株 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT
マネックス証券 最新キャンペーン ×
手数料の安さと使い勝手の良さで初心者に人気の会社。無料口座開設で最大71,000円プレゼント
マネックス証券
SBI証券 最新キャンペーン ×
ネット証券No.1の最大手。とにかく規模が大きいです。
海外ETF買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン中
SBI証券
楽天証券 最新キャンペーン
こちらもラインナップの広い証券。楽天ポイントも魅力です。
いま、楽天証券で口座開設すると日経テレコン21利用料が無料になります!
楽天証券
▶すべての証券会社で比較
類似記事

リオ五輪に東京五輪!オリンピックでNISA枠をどう使う?

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪、そして2020年の日本・東京五輪と、これからの市場はオリンピックから目が離せません!この記事では、オリンピックを目前にしてNISA枠をフル活用する方法を、徹底的に提案したいと思います!

2016年にIPOが観測される超大型株「LINE」

NISAを利用すれば、投資によって得られた利益が全額非課税となります。せっかく非課税となるのですから、大きな利益が期待できる銘柄に投資したいところですよね。今回は、爆発的な利益が期待される、LINE株の上場について紹介したいと思います!

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る