IPO銘柄で勝ち抜いている人がやっている7つの習慣 -NISAでIPOその8

2014/09/25

いざNISA口座でIPO銘柄を購入しよう!とうとう購入してみた!という方の思いはきっとみな同じ。利益を出したい、それも一度きりじゃなく。 では一体どのようなスタンスやアクションによって継続的な勝利が近づくのか?出来ることからぜひ始めてみてほしい、7つの習慣をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースをチェックする

まずはこれ。身支度をしながらのテレビニュースでも、運転しながらのラジオでも、電車移動しながらのスマホでも。とにかくニュースに積極的に接する習慣を身につけましょう!

日本や世界の株式市場の動向や為替相場はもちろん、常に注目を集める各国の主要銀行総裁やアメリカの連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言などはぜひチェックしておきたいところ。加えて世界各地での紛争や自然災害なども経済状況に大きな影響を及ぼすことがあるので一通り把握しておきたいですね。

 

新聞もできれば読む

大きなニュースになるような事柄ならだいたい把握できているよ…という方には新聞のチェックもおすすめ。なにも経済新聞じゃなくて構いません。むしろIPO銘柄にチャレンジする方は社会・地方・スポーツ・家庭などさまざまなジャンルの記事を読める一般紙のほうが良いかもしれません。

即時性ではテレビやインターネットに大きく水をあけられている新聞ですが、昔からその特長として挙げられている一覧性・俯瞰性・網羅性はやはり圧倒的。

ニュースサイトの見出しにはならないような小さな記事から将来有望な事業分野や未来のIPO銘柄の芽を見つけることができるかも!

 

世の中のトレンドに敏感になる

日々の自分の暮らしにあまり関わりのないジャンルであっても、トレンドや流行ものと言われる物事は軽くチェックしておく習慣をつけましょう。

女性服や子供服を手がける企業がトレンドに乗って華々しく上場を果たす、近所には店舗がなくよく知らなかった外食チェーンがすごい初値をつけた、なんていうことが起きても日頃から様々な分野にアンテナを張っておけばさほど驚きもなく、IPO銘柄の購入検討にも役立ちそうです。年に2回ニュースになる「流行番付」にランクインするようなトレンドはできればざっと把握しておきたいですね。

 

好きな物事を提供している企業を知る

常日頃自分が愛用している物、ことあるごとに利用している好きなサービスなどを提供している企業名はチェック済みでしょうか?

アパレル企業などは展開しているブランド名と企業名が全く異なることもありますが、このような企業がニュースになったり上場が噂されたりした場合にはもれなく把握しておきたいし上場ニュースのチェック漏れ…なんてまさかの事態に陥らないためにも、企業名はぜひ知っておきたいところ。

 

すべてのIPO銘柄を検討する

2013年のIPO銘柄は50強、2014年もほぼ同じペースで推移しています。月数で割れば月に4-5件、決して多い数ではありませんよね。ぜひすべてのIPO銘柄の企業情報、製品やサービスをチェックしたうえで購入を検討し、もし見送った場合でも公開価格や初値はチェックしておきましょう!

好況な業種、IPO銘柄全体の好不調などが見えてくるかもしれません。

 

気になるIPO銘柄にどんどんチャレンジする

IPO銘柄で非課税投資枠をフル活用したいと考えたときにどうしてもネックになるのが「IPO銘柄は抽選に当たらないと購入できない」ということ。

申し込んだからといって必ず購入できるわけではないので、チャンスを増やすためにも気になる!買ってみたい!と感じたIPO銘柄には迷わずチャレンジしてみる習慣をつけることをオススメします。

 

買えなかったIPO銘柄のその後も追う

残念ながら抽選に漏れてしまい購入できなかったIPO銘柄も、初値や騰落率、その後の株価の推移をぜひチェックしてみましょう!

抽選に申し込んだすべてのIPO銘柄について「買えて初値で売った場合」の購入額や騰落率、利益額などを一覧にまとめてみると自分が選ぶIPO銘柄の傾向や勝率などが見えてきていいシミュレーションになるはずです。

 

まとめ

はじめての口座開設なら、初心者にやさしい話題のマネックス証券がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のネット証券NISA対応早見表

会社名 取扱商品 特徴
株式投資信託 国内株 外国株 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT
マネックス証券 最新キャンペーン ×
手数料の安さと使い勝手の良さで初心者に人気の会社。無料口座開設で最大71,000円プレゼント
マネックス証券
SBI証券 最新キャンペーン ×
ネット証券No.1の最大手。とにかく規模が大きいです。
海外ETF買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン中
SBI証券
楽天証券 最新キャンペーン
こちらもラインナップの広い証券。楽天ポイントも魅力です。
いま、楽天証券で口座開設すると日経テレコン21利用料が無料になります!
楽天証券
▶すべての証券会社で比較
類似記事

リオ五輪に東京五輪!オリンピックでNISA枠をどう使う?

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪、そして2020年の日本・東京五輪と、これからの市場はオリンピックから目が離せません!この記事では、オリンピックを目前にしてNISA枠をフル活用する方法を、徹底的に提案したいと思います!

2016年にIPOが観測される超大型株「LINE」

NISAを利用すれば、投資によって得られた利益が全額非課税となります。せっかく非課税となるのですから、大きな利益が期待できる銘柄に投資したいところですよね。今回は、爆発的な利益が期待される、LINE株の上場について紹介したいと思います!

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る