NISAで投資信託するときのネット証券のえらびかた

2013/08/18

NISAにおすすめの投資信託。分散投資・長期投資の面で相性が良いと言われています。大手ネット証券会社の各種ファンド商品の取扱状況を比較表にして比較・分析しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

1.NISA対象の「株式投資信託」とは

2.各商品の充実度で比較

3.投資信託の手数料について

4.投資信託のキャンペーンも各社実施中です

5.その他のポイントや注意点

6.まとめ

1.NISA対象の「株式投資信託」とは

NISAの対象となる投資信託は「株式投資信託」と呼ばれるものです。

そもそも投資信託(=ファンド)とは、

手数料を支払うことで、自分の代わりに投資の専門家に実際の投資を代理してもらい、

そこから上がった運用益を得る、という仕組みの投資スタイル、またその商品を指します。

その中でも「株式投資信託」は、「株式の組入れが可能な投資信託」のことを言います。

ファンドはいくつかの株式や債券などで構成されるわけですが、株式が入っているものや、株式が入りうるファンドであればOK、ということです。

バランスファンドや債券ファンド、ETF、REIT、インデックス・ファンドなどほとんどの投資信託が株式投資信託に含まれます。

※投資信託とは何か、についてより詳しく知りたい方は以下の記事もどうぞ。

NISA対象商品をマスター!まず抑えるべき5つのポイント

2.各商品の充実度で比較

投信でネット証券会社を比較する際にも「自分の欲しい商品がそこにあるか」が重要です。

一般的には、投信の目的が「専門家に運用を委ねること」と「分散投資を行うこと」にあるため、投信を選ぶ基準は

・分散投資の目的によりかなうもの

・余計な手数料のできるだけかからないもの

・自分の投資額にマッチしたもの

などになってきます。

それを踏まえて、ネット証券を選ぶ基準は

・取扱いファンド数の充実具合や、ETF・REITの取扱い状況

・ノーロード投信(手数料無料の投信)の充実具合

・積立投信などの少額投資の充実具合

などが注目されます。

以下に、主要ネット証券の投信取扱状況を表にしてみました。

証券会社 取扱投信 ノーロード投信 積立投信 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT リンク
マネックス証券 1157本 298本 547本 × 詳細
SBI証券 1432本 426本 1337本 × 詳細
楽天証券 1319本 352本 1261本 詳細
GMOクリック証券 取扱なし - - × 詳細
岡三オンライン証券 115本 31本 56本 × × 詳細
SMBC日興証券 1106本 152本 125本 × × 詳細

(2013/10/16時点)

たくさん選択肢がある所という意味ではSBI証券楽天証券マネックス証券SMBC日興証券が充実していますね。

また、国内商品はどこも充実していますが、海外まで含めるとある程度制限されます。

手数料無料のノーロード投信や積立OK投信の充実度まで行くと、SBI証券楽天証券マネックス証券のあたりが手堅そうです。

あとは実際の銘柄で気になるものがあるかどうかですね。

表の「詳細」ボタンから各社のHP内で、「バランス型」や「インデックスファンド」など各種の商品一覧を検索できます。

3.投資信託の手数料について

投資信託の手数料は、株式手数料のように具体的に何円と決まるわけではありません。一般的に、年率で数%の手数料が計算され、資産から差し引かれます。

投信は専門家に運用を任せるというスタイルを取るため、コストが多めにかかってしまうのが難点です。

投信の

購入時(=販売手数料)

保有している間(=信託手数料)

売却時(=信託財産留保額)

の3ヶ所で、それぞれ手数料がかかります。

そのため、ノーロード投信という手数料無料の投信が人気になるのです。

また、投信を購入するときの手数料は、同じ商品でも証券会社によって異なることがあります。気になる具体的な商品が見つかったらほかの会社と見比べてみるとよいでしょう。

4.投資信託のキャンペーンも各社実施中です

投信でも、買付け代金のキャッシュバック等のキャンペーンを行っているところがあります。

現在楽天証券では、2013/12/31までにNISA口座開設で、投資信託の買付代金1,000円プレゼントのキャンペーンを実施中です。

またSMBC日興証券では、NISA口座内で、2014/3/30まで公募株式投信の購入時手数料が0円になるそうです。

その他、各社の最新情報は下のリンクからどうぞ!

NISA最新キャンペーン情報一覧

5.その他のポイントや注意点

・100万円枠をフルに使える

株式の場合、単元や口数などの問題で100万円枠をきっちりはつかえないこともあります。

その点、投資信託は「〇〇という商品を100万円分購入したい」という風に100万円枠をきっちり投資できるのが魅力です。

・値下がりしにくい商品=分散投資に気を配る

NISAで投資信託をやる場合でも、値下がりに注意することが大切です。

投資信託はさまざまな株式や債券が入った「ある程度自分で選べる福袋」のような商品なので、できるだけいろんな種類の入ったものを選ぶようにしましょう。

よく投資で聞くことわざに「卵を一つのカゴに盛るな」というのがあります。

卵を一つのカゴに盛ると、万一そのカゴを落としてしまうと卵を全部割ってしまうことになるからです。

つまり、自分のお金を一銘柄の株式等に全額投資するのではなく、いろんな商品に振り分けるのが投資の基本スタイルなのです。

その点、最初からいろんな商品がパックになった投資信託は便利な商品ですね♪

投信の中にも業種やテーマを絞ったものがありますが、これらは値動きが激しく、長期投資のNISA向けではありません。

・長期的な視点と「無分配型投資信託」

NISAでは基本的に、買った商品は5年間寝かせておく方が利益を目一杯享受できます。

なので、投資信託を購入するときには「長期投資向け」と表示のある商品がおすすめです。

また、運用して得た利益を再び投資に回す「再投資型投資信託」という種類の投信がありますが、これは意図してやるのでなければおすすめしません。というのも、100万円枠をフルに使っていると再投資分はNISA口座枠からあふれてしまい、課税対象になってしまうからです。

それを避けるためには、再投資を行わない「無分配型投資信託」を選ぶと良いでしょう。

・応援したい会社のものを選ぶ

投資信託でも、「自分が応援したい」と思える商品選びがより自分の気持ちを豊かにしてくれます☆

まとめ

NISAで投資信託をする際の、ネット証券の選び方やポイントを

・商品の種類や充実度

・手数料

・各種キャンペーン

等の点から見てきました。

投資信託も、株式投資も基本のスタイルは同じです。

むしろNISAでは、分散投資・長期投資の面から投資信託のほうが優れているとも言われています。

ぜひ各社をチェックしてみてくださいね!

証券会社 取扱投信 ノーロード投信 積立投信 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT リンク
マネックス証券 1157本 298本 547本 × 詳細
SBI証券 1432本 426本 1337本 × 詳細
楽天証券 1319本 352本 1261本 詳細
GMOクリック証券 取扱なし - - × 詳細
岡三オンライン証券 115本 31本 56本 × × 詳細
SMBC日興証券 1106本 152本 125本 × × 詳細

(2013/10/16時点)

 

※株式投資が気になる方はこちらもどうぞ!

NISAで株式投資するときのネット証券のえらびかた

 

NISAで株式投資するときのネット証券のえらびかた

NISAに向いている証券会社の見分け方

はじめての口座開設なら、初心者にやさしい話題のマネックス証券がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のネット証券NISA対応早見表

会社名 取扱商品 特徴
株式投資信託 国内株 外国株 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT
マネックス証券 最新キャンペーン ×
手数料の安さと使い勝手の良さで初心者に人気の会社。無料口座開設で最大71,000円プレゼント
マネックス証券
SBI証券 最新キャンペーン ×
ネット証券No.1の最大手。とにかく規模が大きいです。
海外ETF買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン中
SBI証券
楽天証券 最新キャンペーン
こちらもラインナップの広い証券。楽天ポイントも魅力です。
いま、楽天証券で口座開設すると日経テレコン21利用料が無料になります!
楽天証券
▶すべての証券会社で比較
類似記事

リオ五輪に東京五輪!オリンピックでNISA枠をどう使う?

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪、そして2020年の日本・東京五輪と、これからの市場はオリンピックから目が離せません!この記事では、オリンピックを目前にしてNISA枠をフル活用する方法を、徹底的に提案したいと思います!

2016年にIPOが観測される超大型株「LINE」

NISAを利用すれば、投資によって得られた利益が全額非課税となります。せっかく非課税となるのですから、大きな利益が期待できる銘柄に投資したいところですよね。今回は、爆発的な利益が期待される、LINE株の上場について紹介したいと思います!

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る