NISAで好配当を狙おう♪ -人気の配当金をお得に受け取るNISA運用のやり方−

2014/03/16

株を保有しているだけでもらえる「配当金」は、NISAでも安定した資産運用の1つとして大人気です。今回は配当金の基礎から、お得な運用方法まで、具体例と一緒に徹底解説!ぜひご活用ください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.配当金とは?

株を持っていると、1年に約1回等のペースでその企業からお金が還元されます。

そのお金を「配当」「配当金」と呼びます。

 

会社は株を買ってもらうことで得た資金を元手に会社を回します。

その利益の一部を株主に還元するよ、という意味合いなのです。

 

例えば、

1株10円の配当金なら、100株持っていれば1000円、1000株持っていれば1万円の配当金を手にすることができます。

 

2. 配当金が人気な理由

配当金には配当利率(配当利回り)というものがあります。

配当利率(配当利回り)=「1株あたりの配当」÷「株価」

で算出されます。

これが大体2%以上だと、好配当と言われます♪

 

先ほどの例で、1株の配当金が10円だとケチだなあと思われるかもしれませんが、

配当利率が2%なら、これは銀行に預けた時の利率(約0.1%)より20倍と、はるかに高いのです。

 

また、配当金は株価に左右されずにもらえるので持ってるだけでOK、管理がとてもラクです。

 

しかも、会社の業績が良いと「増配」つまり配当金額がアップします。

年々配当金は増加傾向にあると言われています(増配の要望が多いことと、買収から身を守るために自分の資金を外に出していると言われています)。

 

このようなメリットが多数存在することから、配当金は銘柄選びでも大きな決定要因となっています。

 

3. NISAで配当金を受け取るために必要なこと

ではでは、NISAで配当金を受け取るにはどうしたら良いのでしょう?

 

・・・基本的には何もしなくて良いのですが(笑)、

配当金を非課税にするには配当金を受け取る方式を「株式数比例配分方式」に設定する必要があります。

でないと、約20%も税金を持ってかれてしまいます><

(「配当金領収証方式(ゆうちょ銀行等及び郵便局に「配当金領収証」を持ち込み受け取る方式)」や「登録配当金受領口座方式・個別銘柄指定方式(指定の銀行口座で受け取る方式)」では、N I SA口座で買付けた上場株式の配当金等は非課税とはならず、20%の税率で源泉徴収(※)されます。)

 

自分のNISA口座がどうなっているかは、証券会社のネット上のマイページからスグ確認できますので、

もうNISA口座持ってるよ〜という人は一度確認されることをおすすめします。

 

また、今から口座開設しようかしらという人は、

特別な要望がない限り「株式数比例配分方式」を選んでおいて問題ないので、

登録時にこちらを選択されるとあとがラクかと思います。

4. お得に配当金を受け取るコツ

配当金を狙う際のコツは、

いかに、安定して高配当な銘柄を探るかという一点にかかってきます。

 

例えば、以下はSBI証券のレポートからの抜粋ですが、2014年3月での高配当予想銘柄の一部は以下のようになっています。

コード 銘柄名 予想1株配当 予想配当利回り
7616 京都きもの友禅 42円 3.99%
8086 ニプロ 32円 3.49%
9934  因幡電機産業 113円 3.43%
1878 大東建託 341円 3.39%
7874 レック 40円 3.39%

 

予想配当自体は、東洋経済新報社等からの報道や、こういった証券会社の情報からもアクセスできます。

 

問題は、どうやって「安定」した物を見つけるか、です。

先程「増配」のお話をしましたが、逆に、会社の業績が悪いと

「減配」(配当を減らすこと)あるいは配当なしとなることがあります。

それを避けるために、好配当なだけでなく安定した銘柄を見きわめることが重要です。

 

今回のSBI証券の絞り込み方を見てみると、

・東証1部上場銘柄

・時価総額が100億円以上であること

・過去3年間の営業損益が黒字

・過去3年間配当実施

・直近の営業キャッシュフローがプラス

となっています。

「過去3年」などのように、継続して業績を挙げている所に注目しています。

 

このように、「安定している企業の条件ってなんだろう?」と、自分なりに条件づけて絞り込み検索をかけることで、ベストな銘柄を探す一助になります。

 

証券会社のサイトではこのような「条件検索」「絞り込み検索」がかなり充実していますので、ぜひご自分でポチポチチェックを入れて絞り込んでみると面白いですよ♪

5.まとめ

NISAで配当金、なんとなく様子がつかめたでしょうか?

特に3月は決算を迎える銘柄が多く、月末にかけて株価があがっていってしまうことが予想されるので、気になる銘柄は早めに押さえておいたほうが良いかもしれません。

配当はNISAで非課税対象になるだけでなく、株を保有するだけでもらえるかなりお得なシステムなので、ぜひ活用なさってください♪

はじめての口座開設なら、初心者にやさしい話題のマネックス証券がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のネット証券NISA対応早見表

会社名 取扱商品 特徴
株式投資信託 国内株 外国株 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT
マネックス証券 最新キャンペーン ×
手数料の安さと使い勝手の良さで初心者に人気の会社。無料口座開設で最大71,000円プレゼント
マネックス証券
SBI証券 最新キャンペーン ×
ネット証券No.1の最大手。とにかく規模が大きいです。
海外ETF買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン中
SBI証券
楽天証券 最新キャンペーン
こちらもラインナップの広い証券。楽天ポイントも魅力です。
いま、楽天証券で口座開設すると日経テレコン21利用料が無料になります!
楽天証券
▶すべての証券会社で比較
類似記事

リオ五輪に東京五輪!オリンピックでNISA枠をどう使う?

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪、そして2020年の日本・東京五輪と、これからの市場はオリンピックから目が離せません!この記事では、オリンピックを目前にしてNISA枠をフル活用する方法を、徹底的に提案したいと思います!

2016年にIPOが観測される超大型株「LINE」

NISAを利用すれば、投資によって得られた利益が全額非課税となります。せっかく非課税となるのですから、大きな利益が期待できる銘柄に投資したいところですよね。今回は、爆発的な利益が期待される、LINE株の上場について紹介したいと思います!

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る