NISAに向いている証券会社の見分け方

2013/09/05

NISA(少額投資非課税制度)をどこではじめるか、金融機関を絞りこむためのコツを分かりやすく解説しました。そして最終的には具体的におすすめできる証券会社をランキング形式で発表!金融機関選びの参考にぜひ☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

0.はじめに

1.NISAのデメリットその1「再投資できない」を克服する

2.NISAのデメリットその2「損益通算できない」を克服する

3.キーワードは「長期投資」と「分散投資」

4.発表!NISAに向いている証券会社

5.まとめ

0.はじめに

年間100万円までの少額投資を応援するための制度、NISA(少額投資非課税制度)。

NISAを行うための特別な証券口座「NISA口座」は一人一口座しか持てないため、どの金融機関で口座を開くか、みなさん絶賛検討中のことと思います。

今回の記事では金融機関のうち証券会社で、NISAに向いている所を絞りこむためのコツを書いてみようと思います。

まず、NISAに向いているとはどういうことか?

それはNISAのデメリットを克服できるということだと思います。

まずはNISAのデメリットから見ていってみましょう!

1.NISAのデメリットその1「再投資できない」を克服する

NISAでは、毎年100万円の新規投資枠を持つことができます。

その100万円の投資枠は5年間非課税で運用できますが、その間に売却しても、再投資はできません。

例えば、2014年に90万円投資して2016年に売却しても、その90万円分が空いたから2017年に90万円また投資できる…とはならないのです。

(ついでに言うと、100万円枠は1年以内に使いきらないと有効期限が切れてしまいます。翌年に持ち越すことができないのです。)

となると、定期的に売り買いするのではなく一回購入するだけであとは寝かせておく形、

税金がかからない5年間めいっぱい成長してもらい、5年目の年末に売却して売却益を非課税で受け取る形がいちばん理想的ですね。

途中で売却したくならないこともとても重要になってきます。

投資の形態には、大きく分けて

長期投資:数ヶ月から数年単位でゆっくり成長し、値段が上がっていくのに合わせて売り買いをするタイプの投資

短期投資:数時間から数日単位で激しく値動きするのに合わせて売り買いを重ねていくタイプの投資

の2種類がありますが、NISAは5年間という比較的長いスパンで投資を考えたほうが良いことから、長期投資が向いているようですね。

つまり、短期投資をうたったり、強みにしている金融機関は避けたほうが無難だと言えそうです。

2.NISAのデメリットその2「損益通算できない」を克服する

NISAのデメリットの第二に、損益通算できないというのがあります。

(そもそも損益通算って何?という人はこちらの記事「NISAは損益通算できないってどういうこと?」をどうぞ!)

ざっくり言うと、値下がりしてしまった時の(節税によって対策するという)救済措置が効かなくなってしまうのですね。

値下がりのリスクは投資全般で避けたいところですが、NISAではさらに気をつけて、値下がりを意識したほうが良いということです。

基本的に、単一の銘柄を対象とした商品はその会社の業績に従って値段が上がり下がりするため、

・自分の資金100%を一つの銘柄につぎ込まず、複数の銘柄に分けて投資すること、

・複数の銘柄をパッケージにした商品(ETFなど)に投資すること

といった「分散投資」によって値下がりを防ぐというテクニックが投資の世界には存在します。

分散投資をすることによって、ひとつの銘柄が万一値下がりしても、全体としてカバーすることが可能になるからです。

NISAでもこの分散投資が効果を発揮しそうです。

3.キーワードは「長期投資」と「分散投資」

ここまでをまとめると、

NISAでは再投資ができない→ゆっくり成長する「長期投資」に重点

NISAでは損益通算ができない→「分散投資」商品が充実

この2つのポイントを押さえた証券会社がNISAに向いているということになります。

「長期投資」という視点で見ると、短期投資に強いところを外すという消去法がおすすめです。

「FX」や「デイトレ」など、短期投資に強い、あるいは短期投資家向けのところはそれを明言している事が多く、分かりやすいからです。

「分散投資」という視点で見ると、NISAの対象となる商品をできるだけ幅広く、数多く取り揃えているところがやはり強いです。

特に、ETF(上場投資信託)は究極の分散投資とも言え、分散投資を考えるならぜひ検討したい商品です。

(ETFがなぜおすすめなのかについてはこちらの記事「NISA対象商品をマスター!まず抑えるべき5つのポイント」をどうぞ!)

また海外の銘柄にも資金の一部を回すことで、100%日本の商品に投資するよりも日本経済のみに振り回されずに済み、分散投資になります。

では、ここまでを取り揃えた証券会社はどんなところがありうるでしょう?

4.発表!NISAに向いている証券会社

【ここなら間違いない!3社】

1.SBI証券(徹底解説記事:あらゆる商品の充実度がダントツです。特に海外株の選択肢が9カ国なのは他に類を見ません

2.楽天証券(徹底解説記事:SBI証券に迫る充実度を見せている証券会社です。楽天ポイントが貯まるのも魅力

3.マネックス証券(徹底解説記事:特に米国商品に非常に充実しています

上記3社はこちらの記事でも相互比較しているのでぜひどうぞ!

ネット証券会社Best3を徹底比較 -NISA口座開設するなら絶対知っておきたい人気の秘密

【上記3社につづくおすすめ証券会社】

4.岡三オンライン証券(詳細:同じく国内商品にとても充実している

5.SMBC日興証券(詳細:国内商品に充実している。総合証券会社

上記3社との違いはやはり海外の商品の充実度です。逆に、国内で良いので長期で成長する銘柄を狙いたい人にはこちらの4社もおすすめです。

まとめ

NISAでのポイントはとにかく「長期投資」「分散投資」です。

できるだけ値下がりしない商品を見極めて、5年間めいっぱい成長してもらい、5年目の年末に売却益を得るというスタイルをぜひ覚えて帰ってくださいね!

ちなみにこの2つのポイントはNISA以外でも堅実に投資をするための基本的なポイントになります。

つまり、NISAの中でこの投資スタイルを覚えることがイコール、失敗しない投資スタイルを覚えることにもなるんです☆

その上「無税」を享受できるNISA。ぜひ活用してくださいね!

 

NISAで投資信託するときのネット証券のえらびかた

祝・東京オリンピック!カテゴリ別NISA注目銘柄100選

はじめての口座開設なら、初心者にやさしい話題のマネックス証券がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のネット証券NISA対応早見表

会社名 取扱商品 特徴
株式投資信託 国内株 外国株 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT
マネックス証券 最新キャンペーン ×
手数料の安さと使い勝手の良さで初心者に人気の会社。無料口座開設で最大71,000円プレゼント
マネックス証券
SBI証券 最新キャンペーン ×
ネット証券No.1の最大手。とにかく規模が大きいです。
海外ETF買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン中
SBI証券
楽天証券 最新キャンペーン
こちらもラインナップの広い証券。楽天ポイントも魅力です。
いま、楽天証券で口座開設すると日経テレコン21利用料が無料になります!
楽天証券
▶すべての証券会社で比較
類似記事

リオ五輪に東京五輪!オリンピックでNISA枠をどう使う?

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪、そして2020年の日本・東京五輪と、これからの市場はオリンピックから目が離せません!この記事では、オリンピックを目前にしてNISA枠をフル活用する方法を、徹底的に提案したいと思います!

2016年にIPOが観測される超大型株「LINE」

NISAを利用すれば、投資によって得られた利益が全額非課税となります。せっかく非課税となるのですから、大きな利益が期待できる銘柄に投資したいところですよね。今回は、爆発的な利益が期待される、LINE株の上場について紹介したいと思います!

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る