NISA実践・応用編 の記事一覧

NISA・日本版ISA、少額投資非課税制度を実際に活用しようとした時のポイントについて記載しています。金融機関選び、金融商品選びのお役立ち情報、各種キャンペーン情報、NISAの細かな条件に対する解説など、興味のあるトピックから読んでみてくださいね!

2016年にIPOが観測される超大型株「LINE」

NISAを利用すれば、投資によって得られた利益が全額非課税となります。せっかく非課税となるのですから、大きな利益が期待できる銘柄に投資したいところですよね。今回は、爆発的な利益が期待される、LINE株の上場について紹介したいと思います!

2016年IPO大注目!Fintechで家計を塗りかえるマネーフォワードの潜在力

NISAでは投資で得られた利益にかかる税金が免除されます。このため、大きく節税するためには大きな利益を出すよりほかありません。その目的にぴったりなのがIPO投資。今回は、2016年のFintech分野で大注目の、全自動家計簿サービスを提供する企業「マネーフォワード」をご紹介します!

NISAで狙え!2016年大本命のIPO銘柄「ZMP」

投資にかかる税金が非課税になるNISA。なるべくなら節税額が大きくなるようにしたいですよね。今回は、2016年のNISA投資にぴったりのIPO銘柄「ZMP」をご紹介します!

初心者向け!NISA×IPO銘柄 実践マニュアル -NISAでIPOその10

NISA×IPOシリーズ記事も十回を越えました。なんだか良さそうだけど、興味はあるのだけれど、どこから始めればいいのか…という方のためにポイントをまとめておさらいできる総集編を「実践マニュアル」としてお送りします!

~未来予想図~ これからのNISA×IPO銘柄投資はズバリこうなる! -NISAでIPOその9

今のところ10年間だけの特別な制度とされているNISA、ひとくちに10年といってもなかなか先の予想がしづらい長い期間ですね。自身のことならまだしも、景気の動向まで見極めるのは本当に難しいもの。NISAそしてIPOはどんな方向へ向かって行くのか。今ある情報をひも解くことで、小さなヒントだけでも探ってみましょう。

リクルートIPOに間に合わなかったあなたにオススメ! 次の一手とは? 

超大型IPOと言われるリクルートホールディングス。うっかりIPO手続きをしそびれてしまっていた、NISAやIPOに興味はあったけどまだNISA口座を持っていなかった…ではもったいない、次の大型IPOは逃さないために!購入の段取りや口座開設のポイントをまとめました。

リクルートIPO目前!リクルート株の購入方法(買い方)と、IPOスケジュール

2014年9月10日、リクルートホールディングスの東証への上場が承認され大きなニュースとなりました。昨年のサントリー食品、今年の西武ホールディングスなどに並ぶ「超大型IPO」であるとも言われているリクルート。上場日は10月16日ともう目の前!基本情報をおさらいしておきましょう。

IPO銘柄で勝ち抜いている人がやっている7つの習慣 -NISAでIPOその8

いざNISA口座でIPO銘柄を購入しよう!とうとう購入してみた!という方の思いはきっとみな同じ。利益を出したい、それも一度きりじゃなく。 では一体どのようなスタンスやアクションによって継続的な勝利が近づくのか?出来ることからぜひ始めてみてほしい、7つの習慣をご紹介します。

NISAでIPOを狙うなら、こんな証券会社とつきあいたい! -NISAでIPOその7

そろそろNISA口座を開いてみようかな、と考えたらまずは金融機関選びがかなり重要なポイントになってくるはず。金融機関によって取り扱える投資商品が異なり、取引手数料などの費用が大きく異なる場合もあります。IPO銘柄へのチャレンジを考えている場合にはなおのこと慎重な選択が必要です。

NISA×IPO銘柄と組み合わせるなら~相性の良い投資商品はコレ~ -NISAでIPOその6

非課税というメリットを存分に発揮するためにもぜひチャレンジしてみたいIPO銘柄ですが、よりリスクを減らしつつ上手にNISA口座を活用するためには他の投資商品との組み合わせを考えてみるのもいい方法かもしれません。

IPO銘柄 笑ったヒト・泣いたヒト -NISAでIPOその5

NISA口座を活用するための投資方法の中では、決して安全志向とは言えない…かもしれないIPO(新規公開株)。あなたはもうチャレンジしていますか? そもそもIPO銘柄ってどういうもの? ハイリスク・ハイリターンな方法? どのような人がIPO銘柄に笑い・泣いたのかを振り返ってみることで今後チャレンジしようと考えている方へのヒントを探ってみましょう。

NISAでIPO銘柄を狙うなら、こんな人が向いている! -NISAでIPOその4

NISA制度が始まり、株価が長らくの低迷状態を脱した今だからこそ注目度が高まっているIPO(新規公開株)。NISA口座をIPO銘柄の購入に活用するべきか否か…? 誰にでもオススメの方法なのか…? ちょっと考えてみましょう。

気軽さがツボ!?女性投資家とIPOの素敵な関係 -NISAでIPOその3

NISAでIPO(新規公開株)、第三弾!今回はIPOの気軽さ、お手軽さにせまっていきます。

2014年、IPO銘柄を狙うのがオススメなワケ -NISAでIPOその2

NISAでIPO、第二弾!投資額が100万円までと限定されているNISAでも大きな利益を得られる可能性があるIPO(新規公開株)の、魅力やポイントをお伝えしていきます!

少ない投資で大きな利益? -NISA口座でIPO購入-

よっぽどの株価高騰でも起こらない限り利益も少ないのでは…と考えられがちなNISAで大きな利益を得られるチャンス、それがIPO(新規公開株)です。

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

もっと記事をさがす

NISA(少額投資非課税制度)って何?投資って何?という方はこちらから▼
NISA基礎編へ
NISAの詳細なポイントや活用法を身につけたい!という方はこちらから▼
NISA実践編へ
各社をいろんな視点で比較!

▶ラインナップ充実度編

大手ネット証券のNISA(少額投資非課税制度)対応状況を、株式や投信・ETFなどNISA対象商品の充実度で比較一覧表化!

▶キャンペーン比較編

無料口座開設での各種キャッシュバックや、NISA口座で取引する人を対象とした手数料優遇など、各社キャンペーンの最新情報を随時UPしています

▶手数料比較編

最も基本的な、株式購入手数料で各社を比較。購入額によっても各社に開きがあります。

官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る