NISAで『貯金』はじめましょ!

2013/06/28

あなたはどうやってお金を貯めていますか?なぜ銀行に預金していますか?自分のライフプランを考え、そのための資金の貯蓄、資産運用を考えたときにNISAはとても力強い見方になってくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはお金をどうやって貯めていますか?

金融広報中央委員会によると、将来の生活への備えとなる、預貯金や株・投資信託・保険といった金融資産を全く保有していない世帯、いわゆる「金融資産ゼロ世帯(二人以上世帯)」が日本では年々急増しており、4世帯のうち1世帯という割合(平成24年)を占めているそうです。

日々の生活に、潤いに、将来のために、お金は必要なもの。これは衆目の一致するところでしょう。

そして、結婚や子育て、マイホームの購入やレジャー、老後のために、と人生の中でまとまったお金が必要になるタイミングが存在することも多くの人が賛同するところでしょう。その意味で「金融資産ゼロ世帯」の状況は危険だといえます。必要なときに必要なお金を工面できるよう、長期的な視点で貯蓄を行うことが大切ですね。

あなたは自分の得たお金をどうやって管理・貯蓄していますか?

銀行?はたまたタンス預金?

おそらく、銀行(ゆうちょも含む)という人が多いのではないでしょうか。

それでは、あなたはなぜ「その銀行」にお金を預けているのでしょう?

・・・

考えたこともなかった、という人がほとんどかもしれませんね。

仕事の関係で指定されて、とか、

家族が同じ所を使っていたから何となく、などの理由で口座を開いている人も多いでしょう。

一昔前であれば金利のより良いところで、という理由もありましたね(現在では低金利でほとんど意味がありませんが・・・)

もちろん銀行には銀行のメリットもあります。

例えば送金機能。これほど手軽に、安全に遠隔地間で送金できるシステムは銀行以外にはほとんどありません。

でも、一般のひとにとってはそのくらいではないでしょうか。

つまり、貯蓄の観点から言って特に意味はないけれど、何となくお金は銀行に預金しているだけ。

しかし、その資産運用の仕方は本当に合っているのでしょうか?

自分で責任をもってお金を管理するということ

ひとつのポイントは、「自分で責任をもってお金を管理する」ということです。

銀行に預金していても、その銀行が倒れないという保証はありません。

タンス預金していても、泥棒に盗まれてしまうかもしれません。

そもそもインフレになって、自分が稼いだお金の価値がなくなってしまうかもしれません。

「そんなこといったら安全な方法なんてないじゃない!」

そう!その通りです。何事にもリスクは存在するということです。

また、それは極論だよ・・・と思う人がいるかも知れません。

確かに現在の日本の経済状況だと上記のような状況は考えにくいかもしれませんが、実際にここ十数年だけでもいくつもの銀行が倒れました。泥棒はいつの時代も存在しますね。インフレでもドイツのハイパーインフレは1920年代、つまりここ100年以内の出来事です、100年以内といえばまだご存命の人もいるでしょう。

つまり、あなたが一生の間にこれらのことを経験しないという保証は全くないのです。

でも怖がる必要はありません。なぜなら意味が無いからです。

一番危険なのは、これらのリスクを直視せずに「何となく」「皆がやっているから」など根拠のない状態で漫然とお金を管理している状態です。それではいざというときに自分のお金がパーになってもその理由が分からず、泣き寝入りするだけになってしまいます。

リスクの存在を認めることで、お金の管理方法を冷静に見つめることができるようになり、「じゃあどうすればより良いのか」、自分の頭で考えることができるようになります。自分の責任でお金を管理していることがわかるので、不必要な恐怖やもやもや感もなくなります。

リスクを認めて自分で責任をもってお金を管理する」これだけであなたはもう資産運用のエキスパートですね!

そして、その「自分で責任をもってお金を管理する」一手段として政府が提示している方法がNISA(ニーサ、日本版ISA、少額投資非課税制度とも)なのです。

(NISAの制度概要について詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。ポイントが一目で分かる!NISAの制度概要

お金を「積極的」に『貯金』する

あなたの資産運用を考えるもう一つのポイントは「計画的に、積極的に運用する」ということです。

いまや銀行に預金していても、金利はほとんどつきませんよね。金利目的に日本の銀行に預け入れている人は少ないでしょう。

もし、安定して自分のお金を増やせる方法がほかにあれば、当然そちらに興味が湧くのではないでしょうか?

今回、日本政府が提示しているNISA(ニーサ、日本版ISA、少額投資非課税制度)がまさにそれに当たります。

NISAとは、いわゆる「投資」によって自分の資産を増やしていく方法の一つで、

毎年100万円までの投資額であれば、そこから得た利益が非課税になることが国から保障されている、というものです。

例えば、2014年に自分の持っているお金の中から100万円をA社の株式を購入することで投資したとしましょう。5年後の2015年にA社株が150万円に値上がりするとあなたの資産は150万円となり、50万円の値上がり益を得ます(5年で50万円の利益を得ること自体預金では考えられませんが、投資であれば現実的な数字です)。通常その50万円には税金が差し引かれてしまう(しかも20%)のですが、NISAを使えばそれがなく、50万円まるまるを自分のものにすることができます。

欧米ではすでに自分のお金の一部を投資に回す流れが定着していて、預金はだいたい3分の1程度です。下の円グラフのオレンジの数字部分になりますね。NISAの元になったISAが国民に受け入れられているイギリスも預金は約3割。対して日本は預金が半分を超えており、まだまだ遅れているといえます。

NISAを使えば、投資によって預金をはるかに上回る利益を100%享受できるのです。

・・・

「でも、投資って危なくないの?損するんじゃないの?」

確かに、投資は投資ですから、値下がりするなどのリスクはあります。

それを回避するキーワードが「長期的な運用」と「分散投資」です。

安定した資産運用のための「長期的視点」と「分散投資」

・長期的視点

投資と一口に言ってもさまざまなものがあります。なかにはデイトレやFXといった、一日単位で売り買いを繰り返すことで元本の何十倍もの利益を得ようとする方法もあります。このような方法は逆に何十倍も損をすることがあります。

でもそのような投資方法はNISAでは想定されてないといえるでしょう。なぜならNISAで使える「毎年100万円までの投資額」は、再投資できないからです。(定期預金で、満期前に一度引き出したらそれ以降は定期の金利がつかない、というのと似ていますね。)

(この辺りはこちらの記事もご参考ください)

つまり、少なくとも1年以上寝かせておくことを想定しているのです。1年後、5年後、10年後、と将来的に必要な金額を計算して貯蓄しておく考え方ととても相性がいいといえます。

このことは投資で思わぬ損をすることの防止にもつながります。投資で危険なのは、一時的に自分の保有する株等が値下がりしたことに焦って売却してしまうことだからです。一時的に値下がりした株は回復する可能性も十分あり、その時々の値動きに振り回されることはとても危険です。

むしろ、「〇〇年までにいくら欲しい、そのためにこれだけのペースで貯蓄していこう」とライフプランから現実的な計画を立て、「そのためにこれだけの額を投資に回そう、元々ほとんど利益のない預金から投資に回すのだから最低限、元本割れしなければOK!」と、どんと構えるくらいがいいですね。

イギリスのISA、日本のNISA両方とも、政府の方針としても「個人の長期的な資産形成」を打ち出しており、より安全にお金を貯めていくサポートをしてくれているといえるでしょう。

・分散投資

イギリスには「卵を一つのかごに盛るな」ということわざがあります。

一つのかごに全部の卵を入れてしまうと、万一落とした時に全部の卵が割れてしまうかもしれないからです。

このことわざは投資でもよく使います。全てのお金を一つの金融商品(例えばA社株)につぎ込んでしまうと、万一値下がりした時に自分のお金が全部パーになるかもしれません。そうならないために、複数の商品(例えばA社株、B社株、C社株の3つ)に分散して投資するのです。

以下は定期預金・分散投資の収益を比較して分散投資が安定して収益を得られることを示した金融庁の試算です。

6分の1ずつ投資した青いグラフが突出して収益を得ていることがわかりますね。

このように十分に幅広い株や投資信託に分散して、長期的な視点で投資を行うことで、より安定的に収益を得ることができるようになります。

まとめ −自分の責任で計画的に、積極的に『貯金』しよう

 

今回のNISAスタートは、私たちが自分のお金の管理の仕方、貯蓄の仕方をもう一度まじめに考えるためのとても良い機会だと思います。

・お金の管理の仕方にはどれも「リスク」があること

・だからこそ、自分の責任で冷静にお金の管理の仕方を考えること

・NISAが積極的にお金を管理し、増やす「投資」の一手段として政府からサポートされていること

・「長期」「分散投資」が安定した投資を行うためのキーワードであること

これらのことが今回のまとめです。

すでに一部の証券会社でもNISAについて詳しくまとめてくれています。頑張っているだけあってとても分かりやすくできているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

マネックス証券 (ジャンプ先右上のリンクより特設サイトに入れます)

楽天証券 (ジャンプ先右側のリンクより特設サイトに入れます)

ぜひ、自分の人生でどのようにお金と付き合っていくのか、NISAを参考にしてみてくださいね!

 

※NISAの制度概要についての詳しい記事はこちら。NISAって具体的にはどうやって使うの?という人はぜひ見てみてください。

http://xn--nisa-jf6im51p.com/aboutNISA/nisa-flow

※今回の画像は、政府広報オンラインから引用させて頂きました。興味のある人は以下のURLからどうぞ。

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201306/3.html

 

◀NISAって何?ポイントが一目でわかるNISAの制度概要

投資の本質とNISAが初心者におすすめな理由▶

 

はじめての口座開設なら、初心者にやさしい話題のマネックス証券がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のネット証券NISA対応早見表

会社名 取扱商品 特徴
株式投資信託 国内株 外国株 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT
マネックス証券 最新キャンペーン ×
手数料の安さと使い勝手の良さで初心者に人気の会社。無料口座開設で最大71,000円プレゼント
マネックス証券
SBI証券 最新キャンペーン ×
ネット証券No.1の最大手。とにかく規模が大きいです。
海外ETF買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン中
SBI証券
楽天証券 最新キャンペーン
こちらもラインナップの広い証券。楽天ポイントも魅力です。
いま、楽天証券で口座開設すると日経テレコン21利用料が無料になります!
楽天証券
▶すべての証券会社で比較
類似記事

定額預金や学資保険よりお得な可能性!ジュニアNISA(子供NISA)をチェックしよう

2016年4月から、成人限定だったNISA(少額投資非課税制度)が未成年にも拡大されます。ジュニアNISAにはどんな特徴があるのか?定期預金や学資保険と比較してのメリット、デメリット。どのように口座を開設できるのかを見ていきたいと思います。

「あせるなNISA開始」―様子見も一つの手

2014年1月からNISA(少額投資非課税制)が始まりました。NISAとは少額の投資が非課税になる制度です。

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る