証券会社に無料口座開設しよう!実際の登録画面付き徹底ガイド

2013/12/18

NISA口座を開設するにはまず、金融機関に証券口座というものを開設しておく必要があります。なんだか難しそうに聞こえますが、実際は無料の会員登録みたいなものでとってもカンタン!実際の登録画面を使って説明していますので、ぜひご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

おおまかな口座開設の流れは、

ネット画面で必要事項を入力

→証券会社から郵送される用紙に署名・捺印して返送

→取引ID・パスワードが送られてくる&取引開始!

というとてもシンプルなもの☆

一切費用はかかりません。

 

今回は、マネックス証券を例に、証券口座の開設のやり方を見て行きましょう!

少し戸惑いそう!というポイントも逐一説明していますので、良ければご自分が申し込みをする際に見比べながら、参考にしてください☆

 

※NISA口座の開設の方は、こちらの記事(NISA口座開設の流れとやり方のポイント徹底解説)で解説しています♪

1.オンライン申込み画面にアクセスする

まずは、証券会社のオンライン申込み画面にアクセスしましょう。

だいたいどこの証券会社でも、「無料口座開設はこちら!」等の文言で大きな、目立つボタンが配置されています。

マネックス証券の場合、以下のような紫色のボタンをクリックして進みます(赤枠は管理人が付けたものです)。

2.必要事項を入力する

すると以下のような入力画面になるので、画面に従って入力します。

ポイント1

住所は、必ず本人確認書類(免許証や健康保険証、住民票等)と同一のものを入力しましょう。

後で本人確認書類のコピーを送る必要があり、異なった住所だと戻されてしまうことがあります><

 

ポイント2

特定口座の欄は、特に問題なければ「開設する(源泉徴収あり・配当金の受入あり)」を選んで構いません。

これを選んでおけば、自分で確定申告する手間が省けて便利です♪

 

ポイント3

ご請求コードに「71000」を入力すると、各種お取引で最大で31,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンに参加でき、お得です♪(キャンペーン期限:2016/5/31)

 

全て入力し終わったら、一番下の「次へ」ボタンをクリックします。

3.入力内容を確認し、送信する

入力内容の確認画面に切り替わるので、書いた内容を確認して、「送信」ボタンをクリックします。

(入力内容に不備があるよーと言われた場合は、誘導に従って再入力してください。)

 

お疲れ様でした!約一週間ほどで証券会社から折り返し封筒が届きます。

入力したメールアドレス宛に、証券会社からも以下の様なお知らせメールが(こちらはスグ)届きます。こちらも確認しておきましょう。

4.証券会社の封筒が届くまでにやっておくこと

証券会社から届く封筒に、本人確認書類のコピーを同封するする必要があります。

届くまでに一週間ほどあるので、コピーを取ったり、住民票を使う予定の方は住民票を取りに行ったりしておきましょう♪

5.証券会社から封筒が届く

マネックス証券の場合、このような黄色い封筒が届きます。

6.用紙に必要事項を記入する

以下の写真のような用紙が入っています。

赤枠内に

・これを書いている日

・署名

・お届け印の捺印

・同封する本人確認書類にチェック

と、必要事項を書いていきます。

 

7.返送する

以下のようなグレーの封筒が同封されているので、

ここに先ほどの書類と、本人確認書類を同封してポストに投函します(切手を貼る必要はありません)。

 

大変お疲れ様でした!これで、全ての作業は完了しました!

あとは、ネットで取引をするのに必要なID・パスワードが郵送されてくるのを待ちます。

8.取引ID・パスワードが送られてくる&取引開始!

約一週間ほどで、取引ID・パスワードが送られてきます。

このID・パスワードを使って、マネックス証券のウェブサイトからログインし、取引を開始することができます!

9.証券口座開設後の流れ

おめでとうございます!!これからが本番なわけですが、まずは一山、お疲れ様でした!!

 

この証券口座にオプションとして、NISA口座の機能をつけることができます。

それについては、こちらの記事(NISA口座開設の流れとやり方のポイント徹底解説)をご参考ください。

また、どんな風にNISAを運用しようかな〜と考え中の方は、NISA応用編でいろいろなNISAの運用の仕方について解説しているのでぜひ覗いてみてください。

 

そして何より、実際の投資の雰囲気を、ログインして味わってみてください♪

10.マネックス証券について

今回例に取ったマネックス証券は、手数料の安さや銘柄数の豊富さなどでとても人気の高いネット証券です。

特に、ネット画面の使いやすさに定評があり、初心者でも分かりやすいという特徴があります。

またNISA関連で、

新規口座開設+各種お取引で最大31,000円をプレゼント(2015/7/31まで)

と、かなりお得なキャンペーンを実施中です。

 

猫NISAでは、

マネックス証券ってどんなところ?を徹底検証した記事(マネックス証券徹底研究記事

・他の人気証券との比較記事(ネット証券会社Best3を徹底比較 -NISA口座開設するなら絶対知っておきたい人気の秘密

も書いていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください☆

 

◀ NISAで失敗しない!4種の投資リスクとその対策方法

はじめての口座開設なら、初心者にやさしい話題のマネックス証券がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のネット証券NISA対応早見表

会社名 取扱商品 特徴
株式投資信託 国内株 外国株 国内ETF 海外ETF 国内REIT 海外REIT
マネックス証券 最新キャンペーン ×
手数料の安さと使い勝手の良さで初心者に人気の会社。無料口座開設で最大71,000円プレゼント
マネックス証券
SBI証券 最新キャンペーン ×
ネット証券No.1の最大手。とにかく規模が大きいです。
海外ETF買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン中
SBI証券
楽天証券 最新キャンペーン
こちらもラインナップの広い証券。楽天ポイントも魅力です。
いま、楽天証券で口座開設すると日経テレコン21利用料が無料になります!
楽天証券
▶すべての証券会社で比較
類似記事

定額預金や学資保険よりお得な可能性!ジュニアNISA(子供NISA)をチェックしよう

2016年4月から、成人限定だったNISA(少額投資非課税制度)が未成年にも拡大されます。ジュニアNISAにはどんな特徴があるのか?定期預金や学資保険と比較してのメリット、デメリット。どのように口座を開設できるのかを見ていきたいと思います。

「あせるなNISA開始」―様子見も一つの手

2014年1月からNISA(少額投資非課税制)が始まりました。NISAとは少額の投資が非課税になる制度です。

猫でもわかるNISAガイドの購読にはfacebookが便利です

リアルタイムの情報、経済ニュースはtwitterをフォロー

おすすめ証券会社

マネックス証券

手数料100円(税抜)〜、NISA口座内のお取引で投信・米国ETFの買付手数料無料に!無料のトレーディングツールは初心者でも扱いやすく、分かりやすいと人気の証券会社です。今なら新規口座開設で最大71,000円プレゼントのキャンペーン中!

無料証券口座開設・資料請求はこちら

SBI証券

取り扱える金融商品の種類が豊富で、手数料無料のノーロード投信・ETFも充実。初心者から経験者まで幅広い方におすすめのネット証券シェアNo.1の最大手です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

国内株式は手数料145円~で始められるほか、豊富な商品ラインナップを実現。楽天ポイントが貯まるのも魅力!サービス開始以来、120万口座を突破する人気証券です。

無料証券口座開設・資料請求はこちら
官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る