だから、NISAはマネックス証券
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事

リオ五輪に東京五輪!オリンピックでNISA枠をどう使う?

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪、そして2020年の日本・東京五輪と、これからの市場はオリンピックから目が離せません!この記事では、オリンピックを目前にしてNISA枠をフル活用する方法を、徹底的に提案したいと思います!

2016年にIPOが観測される超大型株「LINE」

NISAを利用すれば、投資によって得られた利益が全額非課税となります。せっかく非課税となるのですから、大きな利益が期待できる銘柄に投資したいところですよね。今回は、爆発的な利益が期待される、LINE株の上場について紹介したいと思います!

2016年IPO大注目!Fintechで家計を塗りかえるマネーフォワードの潜在力

NISAでは投資で得られた利益にかかる税金が免除されます。このため、大きく節税するためには大きな利益を出すよりほかありません。その目的にぴったりなのがIPO投資。今回は、2016年のFintech分野で大注目の、全自動家計簿サービスを提供する企業「マネーフォワード」をご紹介します!

NISAで狙え!2016年大本命のIPO銘柄「ZMP」

投資にかかる税金が非課税になるNISA。なるべくなら節税額が大きくなるようにしたいですよね。今回は、2016年のNISA投資にぴったりのIPO銘柄「ZMP」をご紹介します!

2020年東京オリンピック関連株特集について

新国立競技場の建設問題や公式ロゴの問題等からわかるように、オリンピック関連のニュースは世論の関心が強いトピックです。2013年の東京オリンピック招致決定時も、大手ゼネコンの株価が軒並み上昇しました。オリンピック開催が近付くにつれて、注目を浴びそうなオリンピック関連株を見て参ります。

遂にマイナンバー法が施行!注目のマイナンバー関連株特集について

注目のマイナンバー法。日本に住む全ての人に割り当てられる「12ケタの番号(マイナンバー)」が決まり、平成28年1月からはマイナンバー制度が始まります。マイナンバー制度導入により恩恵を被る、マイナンバー関連株にはどんな銘柄があるでしょうか?

定額預金や学資保険よりお得な可能性!ジュニアNISA(子供NISA)をチェックしよう

2016年4月から、成人限定だったNISA(少額投資非課税制度)が未成年にも拡大されます。ジュニアNISAにはどんな特徴があるのか?定期預金や学資保険と比較してのメリット、デメリット。どのように口座を開設できるのかを見ていきたいと思います。

日経テレコン21(年間52,596円)が無料!≪楽天証券特集≫

ネット証券を比較検討しておられる方に耳よりの情報です。楽天証券の取引口座を開設して、「マーケットスピード」というツールを利用すると、「日経テレコン21」というデータベースが【無料】利用できるようになります!

2本柱で賢く投資?FXについて考える

NISA制度の登場によりぐっと身近になった感のある株式投資。同じように手軽さがウリの投資として人気なのがFX(外国為替証拠金取引)です。その名の通り外貨を売買して利益を生み出すFXの基本的なしくみや株式投資との違い、メリット・デメリットをご紹介します。株式投資とそれぞれのメリットを活かしてより良い投資ライフを目指してみませんか?

初心者向け!NISA×IPO銘柄 実践マニュアル -NISAでIPOその10

NISA×IPOシリーズ記事も十回を越えました。なんだか良さそうだけど、興味はあるのだけれど、どこから始めればいいのか…という方のためにポイントをまとめておさらいできる総集編を「実践マニュアル」としてお送りします!

~未来予想図~ これからのNISA×IPO銘柄投資はズバリこうなる! -NISAでIPOその9

今のところ10年間だけの特別な制度とされているNISA、ひとくちに10年といってもなかなか先の予想がしづらい長い期間ですね。自身のことならまだしも、景気の動向まで見極めるのは本当に難しいもの。NISAそしてIPOはどんな方向へ向かって行くのか。今ある情報をひも解くことで、小さなヒントだけでも探ってみましょう。

リクルートIPOに間に合わなかったあなたにオススメ! 次の一手とは? 

超大型IPOと言われるリクルートホールディングス。うっかりIPO手続きをしそびれてしまっていた、NISAやIPOに興味はあったけどまだNISA口座を持っていなかった…ではもったいない、次の大型IPOは逃さないために!購入の段取りや口座開設のポイントをまとめました。

リクルートIPO目前!リクルート株の購入方法(買い方)と、IPOスケジュール

2014年9月10日、リクルートホールディングスの東証への上場が承認され大きなニュースとなりました。昨年のサントリー食品、今年の西武ホールディングスなどに並ぶ「超大型IPO」であるとも言われているリクルート。上場日は10月16日ともう目の前!基本情報をおさらいしておきましょう。

IPO銘柄で勝ち抜いている人がやっている7つの習慣 -NISAでIPOその8

いざNISA口座でIPO銘柄を購入しよう!とうとう購入してみた!という方の思いはきっとみな同じ。利益を出したい、それも一度きりじゃなく。 では一体どのようなスタンスやアクションによって継続的な勝利が近づくのか?出来ることからぜひ始めてみてほしい、7つの習慣をご紹介します。

NISAでIPOを狙うなら、こんな証券会社とつきあいたい! -NISAでIPOその7

そろそろNISA口座を開いてみようかな、と考えたらまずは金融機関選びがかなり重要なポイントになってくるはず。金融機関によって取り扱える投資商品が異なり、取引手数料などの費用が大きく異なる場合もあります。IPO銘柄へのチャレンジを考えている場合にはなおのこと慎重な選択が必要です。

NISA×IPO銘柄と組み合わせるなら~相性の良い投資商品はコレ~ -NISAでIPOその6

非課税というメリットを存分に発揮するためにもぜひチャレンジしてみたいIPO銘柄ですが、よりリスクを減らしつつ上手にNISA口座を活用するためには他の投資商品との組み合わせを考えてみるのもいい方法かもしれません。

IPO銘柄 笑ったヒト・泣いたヒト -NISAでIPOその5

NISA口座を活用するための投資方法の中では、決して安全志向とは言えない…かもしれないIPO(新規公開株)。あなたはもうチャレンジしていますか? そもそもIPO銘柄ってどういうもの? ハイリスク・ハイリターンな方法? どのような人がIPO銘柄に笑い・泣いたのかを振り返ってみることで今後チャレンジしようと考えている方へのヒントを探ってみましょう。

NISAでIPO銘柄を狙うなら、こんな人が向いている! -NISAでIPOその4

NISA制度が始まり、株価が長らくの低迷状態を脱した今だからこそ注目度が高まっているIPO(新規公開株)。NISA口座をIPO銘柄の購入に活用するべきか否か…? 誰にでもオススメの方法なのか…? ちょっと考えてみましょう。

気軽さがツボ!?女性投資家とIPOの素敵な関係 -NISAでIPOその3

NISAでIPO(新規公開株)、第三弾!今回はIPOの気軽さ、お手軽さにせまっていきます。

2014年、IPO銘柄を狙うのがオススメなワケ -NISAでIPOその2

NISAでIPO、第二弾!投資額が100万円までと限定されているNISAでも大きな利益を得られる可能性があるIPO(新規公開株)の、魅力やポイントをお伝えしていきます!

「あせるなNISA開始」―様子見も一つの手

2014年1月からNISA(少額投資非課税制)が始まりました。NISAとは少額の投資が非課税になる制度です。

少ない投資で大きな利益? -NISA口座でIPO購入-

よっぽどの株価高騰でも起こらない限り利益も少ないのでは…と考えられがちなNISAで大きな利益を得られるチャンス、それがIPO(新規公開株)です。

「NISAは5年間楽しめる宝くじ」―株式投資のすすめ

金融庁が「NISA口座の利用状況等について」と題して、NISAの最新統計を発表しました。 それによると、2014年3月31日現在で、NISA総口座数は、650万3951口座となりました。

決算シーズン到来!NISA投資家の押さえるべきポイント

各社の決算発表が本格化し、連日、様々な企業の決算発表を耳にするようになりましたね!この時期は決算発表を受け、株価の乱高下しやすい時期でもあります。そんな時、NISA投資家が注意・注目すべきポイントは何でしょうか?

NISAで好配当を狙おう♪ -人気の配当金をお得に受け取るNISA運用のやり方−

株を保有しているだけでもらえる「配当金」は、NISAでも安定した資産運用の1つとして大人気です。今回は配当金の基礎から、お得な運用方法まで、具体例と一緒に徹底解説!ぜひご活用ください♪

丸わかり!ファンドオブザイヤー2013受賞ファンド大手ネット証券取扱状況比較

投資信託の評価機関であるモーニングスターから、2013年の運用実績とマネジメントが総合的に優秀なファンド(投資信託)として評価された「ファンド・オブ・ザ・イヤー2013」が発表されました。第三者機関から評価されたファンドは数ある投資信託の中からNISA用に選ぶ際にも参考になる手立てのひとつ。2013年の優秀ファンドの、各社取扱状況を比較してみました!

初心者に人気のミニ株(単元未満株)取扱い証券会社を徹底比較!

各種ある投資スタイルの中でも、数千円という少額から投資をできるミニ株(単元未満株・ワン株・S株 ・まめ株・プチ株)。投資を実践しながら投資を勉強でき、初心者に人気の方法です。今回は、ミニ株をやるのにどこが最適か、ミニ株取扱のある証券会社4社を比較検討してみました!

証券会社に無料口座開設しよう!実際の登録画面付き徹底ガイド

NISA口座を開設するにはまず、金融機関に証券口座というものを開設しておく必要があります。なんだか難しそうに聞こえますが、実際は無料の会員登録みたいなものでとってもカンタン!実際の登録画面を使って説明していますので、ぜひご確認ください。

NISAで失敗しない!4種の投資リスクとその対策方法

投資にはメリットもあればデメリット・リスクもあります。投資のリスクは大きく4種類に分類でき、その4リスクに対処することはNISAをはじめる上でもとても大事です。

投資は本当に怖い?

よく聞く「投資は怖い」という意見を掘り下げて分析しました。実はよく考えずに使っている人の多いこの意見。投資をはじめる前に、自分の中のもやもやした不安をスッキリ解消しておきましょう!

NISAをはじめる前に知っておきたい、投資のメリット・デメリットの基礎知識

NISAをするということは投資をするということ。でも投資にはどんないいことがあるのでしょうか?そのメリット、さらにデメリットの基礎知識を身につけましょう。

NISA=無税というウマイ話の裏側 -NISAを導入した政府の意図

NISAは平たく言うと「税金タダにするから皆もっと投資やってね!」という制度です。その「ウマイ話」には実は、日本の金融がアンバランスに成長してきた歴史と、日本政府の思い切った意図がありました。

NISAで積立投資 どこで始める? -積立投資のできる証券会社徹底比較

少額で始められることで人気の積立投資。NISAで積立を考えている人も多いのではと思います。今回は積立投資ができる証券会社のサービス内容を、ラインナップの多さや積立可能な最少額、引き落とし口座の使い勝手など多方面から比較しました!

NISA×コツコツ積立投資で安定した長期投資をはじめよう

積立投資は500円や1000円の少額から月々いくらと設定した額を積み立てていける、コツコツ型の人におすすめの投資スタイル。数年スパンの長期で構えることでお得になり、NISA口座で運用することで非課税も享受できる、NISAとの相性もとても良い投資方法です

投資初心者が知っておきたいNISA投資の基本

よく「年間100万円」と言われるNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)ですが、現実的に自分が運用する場合はどうすればいいのか?そこには、NISAの活用法の基本とも言える、とってもカンタンな、でもとても重要な原則があります。

投資初心者におすすめのNISA×ミニ株投資

ミニ株(単元未満株取引)は、数千円と少ない額から投資ができ、配当金や株主優待も得られる人気の投資方法。NISA(ニーサ、少額投資非課税制度)と組み合わせることでさらにお得に運用できるようになります。

NISA非課税期間を延長する裏ワザ・ロールオーバーとは

NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)の運用期間は通常5年ですが、5年以上に引き延ばすことのできるテクニックがあります!それが「ロールオーバー」、デメリットもありますが、絶対使うべきと言ってもいいくらい、とても便利なテクニックです。

NISA口座開設の流れとやり方のポイント徹底解説

NISA口座とは、投資にかかる税金が無税になるNISA(少額投資非課税制度)を利用するために必ず必要な口座です。今回はどうやって口座開設すればよいのか、またスムーズに口座開設するための様々なポイントをまとめました!(2014/9/12更新)

東京オリンピックを機に投資・NISAを始めようかな、という時のコツ

オリンピックの経済効果の高さから、今回の東京オリンピック開催を機に株を買っておけば儲かりそう!と考えている方は多いでしょう。そんなオリンピック投資の際のポイント、さらにNSIAとの相性についてまとめました。

投資の本質とNISAが初心者におすすめな理由

そもそも投資って何?投資って怖いもの?というギモンに迫りました。投資に興味がある、くらいの人を対象にしてますが、どなたにも読んでほしい、投資のエッセンスを分かりやすくシンプルにまとめた記事です。

祝・東京五輪!カテゴリ別NISA株の注目関連銘柄100選!

東京オリンピック(東京五輪)開催が決まりましたね!猫NISAでも、東京五輪に向け株価アップ期待の注目株の関連銘柄を約100銘柄をピックアップ。建設業・観光業などからちょっと面白いジャンルまで、すっきりカテゴリ分けしました。ぜひご参考ください☆

NISAに向いている証券会社の見分け方

NISA(少額投資非課税制度)をどこではじめるか、金融機関を絞りこむためのコツを分かりやすく解説しました。そして最終的には具体的におすすめできる証券会社をランキング形式で発表!金融機関選びの参考にぜひ☆

NISAで投資信託するときのネット証券のえらびかた

NISAにおすすめの投資信託。分散投資・長期投資の面で相性が良いと言われています。大手ネット証券会社の各種ファンド商品の取扱状況を比較表にして比較・分析しました!

NISAで株式投資するときのネット証券のえらびかた

NISA(少額投資非課税制度)で株式投資をやりたいけれど、どのネット証券がいいか迷っているという方向けに、選び方の基本的なポイントを各社で比較し、まとめました。国内外の商品の充実具合、手数料体系、各社の優遇措置など、気になる部分をチェック☆(2013/10/2更新)

ネット証券会社Best3を徹底比較 -NISA口座開設するなら絶対知っておきたい人気の秘密

ネット証券最大手Best3のSBI証券、楽天証券、マネックス証券について、その人気の秘密を徹底分析!NISAを始められる金融機関はとてもたくさんありますが、そんな中、人気を博している機関の理由・ポイントはどこにあるのでしょうか?その秘密に迫りました!(2015/3/3更新)

NISAがデメリットにもなってしまう「取得価格の更新」にご注意

NISAの、取得価格の更新という仕組みを知っていますか?知らないと税金優遇のはずのNISAがかえって仇となることもある、ぜひ知っておいてほしい仕組みです。タイミングは非課税期間の5年間終了時!仕組みを知っておくことでもっと確実ににNISAを運用できるようになります。

NISA対象商品をマスター!まず抑えるべき5つのポイント

そもそもNISAの対象商品には何があるの?それぞれのNISAとの相性は?実はこれはダメという条件はあるの?等、NISAの商品を選ぶ際にゼッタイ抑えておきたい5つの基本的ポイントをまとめました。

必見!NISA口座を開くための大手ネット証券7社キャンペーン徹底比較(7月版)

最新情報!NISA口座開設候補として人気の高いマネックス証券、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、岡三証券、SMBC日興証券の各社キャンペーン情報を比較しました。お得なキャッシュバック情報をお見逃しなく!

NISAを見据え、今やるべきこと・やるべきではないこと

NISA(日本版ISA、少額投資非課税制度)は来年からだけれど、証券口座を開設しての見極めやNISAで運用するための情報収集など、やるべきことはたくさんあります!その一方で気をつけなければならないことも。何を今すぐすべきで、何をすべきではないか、そこをお伝えします。

NISAで『貯金』はじめましょ!

あなたはどうやってお金を貯めていますか?なぜ銀行に預金していますか?自分のライフプランを考え、そのための資金の貯蓄、資産運用を考えたときにNISAはとても力強い見方になってくれます。

NISAキャンペーン情報を各金融機関で比較しました

来年1月のNISA(日本版ISA、少額投資非課税制度)開始に向けて、各金融機関で実施されているNISAキャンペーン情報を一覧でまとめ比較しました。証券会社、銀行、信用金庫等すでに多くの金融機関でキャンペーンが実施されていますが、その内容はまちまち。ぜひこちらで比較検討してみてください。情報が追加され次第、随時更新していきます。

「NISAは損益通算できない」ってどういうこと?

「損益通算」は投資で生じた損を利益と合算することで節税できるありがたい仕組みですが、NISAでは損益通算ができません。その理由、対策法などについてまとめました。

NISAって何?ポイントが一目でわかるNISAの制度概要

2014年1月スタートのNISA(日本版ISA、少額投資非課税制度)。ポイントが一目で分かるよう表やグラフを使ってわかりやすくまとめました!最大500万円ってどういうことか?毎年100万円ってどういうことか?実際に非課税になる条件などについて記載しています。

NISA(少額投資非課税制度)って何?投資って何?という方はこちらから▼
NISA基礎編へ
NISAの詳細なポイントや活用法を身につけたい!という方はこちらから▼
NISA実践編へ
NISA(少額投資非課税制度)って何?投資って何?という方はこちらから▼
NISA基礎編へ
NISAの詳細なポイントや活用法を身につけたい!という方はこちらから▼
NISA実践編へ
皆どこを選んでるの?NISA口座人気ランキング
1
2
3
4
各社をいろんな視点で比較!

▶ラインナップ充実度編

大手ネット証券のNISA(少額投資非課税制度)対応状況を、株式や投信・ETFなどNISA対象商品の充実度で比較一覧表化!

▶キャンペーン比較編

無料口座開設での各種キャッシュバックや、NISA口座で取引する人を対象とした手数料優遇など、各社キャンペーンの最新情報を随時UPしています

▶手数料比較編

最も基本的な、株式購入手数料で各社を比較。購入額によっても各社に開きがあります。

猫NISA人気の記事!

日経テレコン21(年間52,596円)が無料!≪楽天証券特集≫

証券会社に無料口座開設しよう!実際の登録画面付き徹底ガイド

NISA口座を開設するにはまず、証券口座というものを開設しておく必要があります。無料の会員登録みたいなものでとってもカンタン!実際の登録画面を使って説明しています。

NISAって何?ポイントが一目でわかるNISAの制度概要

そもそもどんな制度なの?最大500万円って何?ほかの所の記事を読んでみたけれどよく分からない…そんなギモンに答えるべく、NISAの基本のキを詳しく丁寧にまとめました。

NISAで株式投資するときのネット証券のえらびかた

NISA(少額投資非課税制度)で株式投資をやりたいけれど、どのネット証券がいいか迷っているという方向けに、選び方の基本的なポイントを各社で比較し、まとめました。国内外の商品の充実具合、手数料体系、各社の優遇措置など、気になる部分をチェック☆

ネット証券会社Best3を徹底比較 -NISA口座開設するなら絶対知っておきたい人気の秘密

ネット証券最大手Best3のSBI証券、楽天証券、マネックス証券について、その人気の秘密を徹底分析!NISAを始められる金融機関はとてもたくさんありますが、そんな中、人気を博している機関の理由・ポイントはどこにあるのでしょうか?その秘密に迫りました!

官公庁・日本証券業協会関連ニュース

2013年4月30日 日本証券業協会

少額投資非課税制度の愛称が『NISA(ニーサ)』に決定

日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)特設サイト

2013年1月29日 閣議決定

平成25年度税制改正の大綱

2012年12月6日 日本証券業協会

個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書(少額投資非課税制度に対する考え方)

2012年11月27日 日本証券業協会

英国のISAの実施状況等について~英国のISAの実態調査報告~
投資や金融商品に関する正しい知識を習得しよう
▶ 日本証券業協会「投資者の方へ」

投資の基礎を学んだり、市場情報について調べたりするときに役立つ情報が掲載されています。

▶ 金融広報中央委員会「知るぽると」

金融と経済のしくみや暮らしのマネー情報、資産管理に関するツールなど、暮らしに役立つ金融情報が掲載されています。

▶ 東京証券取引所「+YOU」

株式投資を始める前の心構えや銘柄選び、投資に関するセミナーなど投資を始めるために必要な情報を紹介しています。

ページトップへ戻る